「痩せたいのに痩せない!」「どうしても痩せたい!」そんな時に頼りなるのがダイエットサプリ!ですが、「痩せすぎ注意」や「激やせサプリ」を謳う怪しいサプリメントに騙されていませんか?当サイトでは、投稿いただいた口コミを元に「痩せた」と評判の順にダイエットサプリをランキングしました!

青汁ダイエットのやり方とおすすめ青汁商品まとめ!痩せた人と痩せない人の違いとは

ダイエットしなくては・・痩せなくては・・・と、まるで呪文のように毎日口にしながらも、なかなか実践できずにいる人もたくさんいるでしょう。

ダイエットは辛いものですよね。

簡単に痩せ、あっという間に理想の体になることができたらどんなにいいだろうと、ついつい勝手なことを思ったりもします。

年齢を重ねるごとに基礎代謝は落ちる一方で、痩せにくい体となり、軽いダイエットくらいでは、なかなか体重は落ちなくなってきます。

にもかかわらず、過酷な食事制限やハードな運動が苦手で、何をやってもダイエットが成功しないという人もたくさんいることでしょう。

そんな人にこそおススメしたいのが、青汁ダイエットです。

青汁でダイエット

野菜が苦手な人は、「青汁」という単語を聞いただけで顔をしかめるかもしれません。ですが、近年の青汁は大きな進化を遂げています。

野菜が苦手な人たちでも、おいしく無理なく飲めるための工夫がされているのです。

青汁をおいしく飲みながら、効率よくダイエットできるという「青汁ダイエット」。そんな青汁ダイエットの全貌を一緒にのぞいてみましょう。

青汁ダイエットって本当に痩せるの?

【青汁の由来】

青汁=苦い、まずい。

そんなイメージを抱く人は多いかも知れません。

青汁を飲んだことがない人の青汁のイメージは、きっと「まずい!もう1杯!」のあのCMそのものでしょう。

それだけ強烈でインパクトのあるテレビCMだったことがよくわかりますが、青汁という飲み物を世の中に広めたのも、間違いなくあのCMです。

そのCMを製作した会社こそが、青汁を製造販売する「キューサイ」であり、青汁の効能にいち早く気づき、世の中に送り出すきっかけを作った会社でもあります。

ですが青汁には、このCM放送が始まった1980年代よりはるか昔から歴史があり、日本最古の医書と言われている「医心方」にも、その詳細が記載されています。

私たちの想像以上に歴史がある青汁ですが、そんな青汁の効能や成分はどうなっているのでしょうか。

【青汁の成分】

青汁とは、「生の緑葉野菜の絞汁」のことを総称したものです。

その代表的な原料は、「ケール」や「大麦若葉」、「明日葉」などの緑色の野菜となっており、調理したものより生の状態で摂取した方が、より高い栄養素を摂取できるというメリットを最大限に発揮した飲み物です。

ビタミンやミネラルなどの栄養素は、野菜から生の状態で摂取した方が、より効率よく、かつ有効な栄養素のまま摂取できるため、青汁はとても栄養価値の高い飲み物だということがわかります。

青汁の代表的な原料ともいえる、3つの緑葉野菜の成分について詳しくみてみましょう。

≪明日葉≫

明日葉

明日葉

明日葉とはセリ科の植物で、摘んでもすぐに芽が出ると言われるほど成長が早く、強い生命力を誇る植物です。

日本原産でもある明日葉は、栄養価値が高い野菜として評判も高く、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

明日葉にしか含まれていない「カルコン」と呼ばれる黄色い成分は、ポリフェノールの一種でもあり、血糖値を下げる効能があり、肥満防止にも役立つ成分です。

≪大麦若葉≫

大麦若葉

大麦若葉

大麦若葉とはイネ科の植物で、大麦がまだ20~30㎝ほどの若葉の状態のものをいいます。
大麦若葉には、抗酸化や抗炎症をもつクロロフィルや、動脈硬化や高血圧を防ぐSOD酵素と呼ばれる成分、またカルシウム、亜鉛、貧血防止の鉄分やポリフェノールなどが含まれています。

肌に良いと言われるビタミンCやβーカロテンも含まれているため、美容にもよい成分でもあり、栄養価値がとても高い野菜です。

≪ケール≫

ケール

ケール

ケールとは、地中海沿岸に多く生息しているアブラナ科の植物です。

その栄養価値の高さから「野菜の王様」とも呼ばれ、日本国内においては全国において1年じゅう栽培されている野菜です。

皮膚や粘膜を丈夫にする「βーカロテン」や、目の健康を守ってくれる「ルテイン」などが豊富に含まれています。

また、睡眠ホルモンとも呼ばれるメラトニンや、老化防止のビタミンEなども含まれているため、ケールには、忙しい現代人にこそ必要な栄養素がたくさん詰まっていることがわかります。

青汁ダイエットの口コミは?

青汁の成分や効能がわかると、そのダイエット効果がどれほどのものなのか、とても気になるところですよね。

何かの効果が気になるときは、口コミサイトに投稿された口コミがとても参考になります。

効果の現れ方には個人差があるため、自分自身にも同じようにあてはまるかどうかは実際に試してみないとわからないものですが、多数の人の感想や意見はやはり参考になるものです。

そのような口コミサイトに寄せられた、青汁ダイエットに関する口コミをのぞいてみましょう。

≪青汁ダイエットに成功した人≫

「便秘改善!」

飲み始めた翌日から悩みの種だった便秘が改善され、便通がよくなった。 毎日出なくとも、2~3日中にはかならずまとまって出るようになり、便秘が改善されたことで体が軽くなり、体調までよくなった。 ウォーキングと青汁を飲み始めてわずか1カ月でマイナス2.5㎏。

「置き換えて成功!」

朝食を青汁に置き換える青汁ダイエットを実践したところ、1カ月で2㎏の減量に成功。1食分置き換えるダイエットは辛いイメージがあったが、青汁は飲み干すと満腹感を強く感じられるため、思っていたより苦痛なく続けられた。

「太りにくい体質に!」

飲み始めて2週間で、まだダイエット効果は実感できていないが、太りにくい体質になった。食べ過ぎるとすぐ体重に現れていたが、青汁を食事前に飲むようになってからは、多少食べ過ぎた時でも体重が増加しなくなった。また、野菜が好きになり食事に野菜をたくさん取り込めるようにもなった。

「リバウンドしない!」

これまでのダイエット法では、効果が出てもすぐリバウンドしてばかりだった。青汁は飲み始めると1カ月ほどでダイエット効果を実感でき、3カ月目に突入した現在でも、いっさいリバウンドなし。

「肌の調子が絶好調!」

青汁を飲み始める前は、ひどい肌荒れに悩まされる日々だったが、最近になってそんな肌荒れがきれいになくなった。青汁に含まれる野菜の力で、肌荒れが改善されたように思う。ダイエット効果も少し現れ始め、現在で1㎏マイナス。

≪青汁ダイエットに失敗した人≫

「味が苦手」

やはりどうやっても青汁の味が受け付けられず、長続きできなかった。あの独特の風味がどうしても苦手で、最後まで慣れることができなかったことが原因で、2週間足らずで飲むのをやめてしまった。

「食欲に変化なし」

夕食前に青汁を飲み続けたが、3週間たった今でも何の変化もない。食事前に飲んでもたいして食欲を抑制してくれる効果はなく、相変わらず食べ過ぎてしまう。

「ジュースを混ぜて失敗」

青汁に野菜成分がたくさん含まれていることを知っていたため、果汁もプラスするとさらに効果があると思い、フルーツジュースを混ぜて飲んでいたところ、体重が増加してしまった。苦手な青汁の味がおいしくなってよかったが、カロリー的にはあまりよくなかった。

青汁ダイエットに成功した人の特徴として、青汁を飲みつつ運動や食事改善にも取り組んでいることが口コミからもわかります。

ウォーキングや、ストレッチなどの運動にも同時に取り組むことで、青汁の効果がさらに発揮されるようです。

また、1食分を青汁に置き換えることも効果的です

青汁の置き換えダイエットは、1食分に留めることがポイントであり、無理をすると継続できなくなってしまいます。

青汁に含まれる緑葉野菜の効果により、食物繊維を豊富に摂取できるため、便秘や肌荒れが改善されるという、ダイエット以外の効果もあることがわかります。

反対に、青汁ダイエットに失敗してしまった人の特徴は、継続して飲むことができなかったということです。

近年の青汁は、味の改良も進みとても飲みやすくなっていますが、それでも青汁特有の野菜の臭みに強い抵抗を感じる人もいます。

味や食感が原因で長続きせず、効果が現れる以前に飲むことをやめてしまう人は、もちろん青汁のダイエット効果を感じることはできません。

おいしく飲めるための工夫をし、ある程度の期間継続して飲み続けることができれば、きっと青汁のもつ効果が発揮され、ダイエット効果も期待できるはずです。

青汁はどれくらい飲めばいい?体重が変化するまでの期間

青汁は、長く続けてこそ効果を実感できるものであり、最低でも3カ月は続けて飲むことをおススメします。

青汁の成分を詳しく見てみると、青汁は栄養が不足しがちな現代人に最適な飲み物であり、日頃の食事で不足してしまう栄養を、手軽に補えるものであることがわかります。

これらの栄養素を上手に摂取しながら減量に臨めば、効率よくダイエットすることができ、体重減量の効果が期待できるものです。

では、そんな青汁をいったいどれくらいの期間飲み続ければ、ダイエット効果が現れるのか、とても気になるところですよね。

もちろん個人差はありますが、青汁だけを飲んで短期間でダイエット効果を実感することはとても難しいものです。

青汁だけをひたすら飲み続ける方法ではなく、食事改善や適度な運動を並行して実践することで、その効果を実感できるまでの期間も短くなります。

これから、青汁ダイエットを効率よく成功させる方法を詳しくみてみましょう。

青汁ダイエットで痩せるコツ

青汁ダイエットを成功させるには、いくつかのコツがあります。

ただ青汁を飲み続けるだけでは思うように痩せることは難しく、理想の体型になれるまで時間を要することになります。

せっかくダイエットするなら、効率よく取り組みたいものですよね。

青汁ダイエットを成功させるための重要なポイントを、いくつかあげてみましょう。

≪飲むタイミング≫

①食前

青汁は食前に飲むのがいい

青汁は薬ではないため、飲むタイミングに決まりがあるわけではありません。

ですが、ダイエットを目的として飲むのであれば、食事を摂る前に飲むと、とても効果的です。

食後は血糖値という数値が上昇しますが、この数値の上昇は緩やかな方が体への負担も少なくなります。

食後の血糖値の急激な上昇を防ぐことにより、肥満や病気を避けることができるとも言われるほど、私たちにとって重要な数値です。

野菜には食後の血糖値の上昇を抑える働きがあるとされ、その働きをいかす為にも、食事の初めに野菜を食べることが推奨されています。

そのため、緑葉野菜が主成分でもある青汁は、食前に飲むことでその効果を最大限に発揮します。

また、食前に飲むと満腹中枢も刺激され、食べ過ぎの防止にも一役買ってくれます。

②生理直後

生理直後

青汁ダイエットを始めるなら、生理直後がベストタイミングです。

女性ホルモンは生理周期に合わせて分泌され、生理直後から排卵日までは、エストロゲンと呼ばれる痩せやすいホルモンの分泌が増加する時期に入ります。

青汁をどうせ飲み始めるなら、体がよりベストコンディションな時である生理直後に始めると、より効果が得られやすくなります。

青汁の効果的な飲み方!おすすめレシピ

近年の青汁は、風味にもこだわっているため、青汁の野菜独特の臭みが苦手な人でも気軽に飲むことができるよう改良されているものもたくさんあります。

ですが、あの独特な青臭さや苦みが完全になくなっているわけではなく、野菜の効能を損なわないことを優先すると、その風味は多少残ってしまうものです。

わずかであってもあの風味が苦手だという人や、他の食品と組み合わせて飲むことで、より青汁の効果を発揮させたいという人に、おススメのレシピをいくつか紹介します。

どのレシピも簡単で、いろいろなアレンジをしながら飲むことができるのも、青汁のいいところです。

自分に合った飲み方を見つけることができれば、青汁に飽きることなく長く続けることができるでしょう。

①青汁+豆乳

青汁+豆乳

豆乳も栄養価値の高い食品として知られ、ビタミンB1、E、葉酸、鉄分などが含まれています。

栄養成分だけでなく美容効果もあると言われ、青汁の他にきな粉やゴマと合わせて摂取すると、さらなる美容効果を期待することができます。

②青汁+牛乳

青汁と牛乳
牛乳に含まれるたんぱく質やカルシウムを一緒に摂り入れることができます。

また、牛乳を混ぜることにより、青汁がもつ独特の風味と苦みが優しくなり、飲みやすい味になります。

③青汁+ヨーグルト

青汁をヨーグルトに割って飲む

ヨーグルトと混ぜて飲むことで、程よく酸味がプラスされ、デザート感覚で青汁を楽しむことができます。

青汁に含まれる食物繊維が、ヨーグルトに含まれる乳酸菌の働きを高めてくれるため、便秘の解消にも効果を発揮します。

④青汁+オリゴ糖

オリゴ糖

とにかく青汁の臭みが苦手だという人におススメです。

少しの甘味をたすことで飲みやすくするには、砂糖よりカロリーが低く、糖分の吸収もゆるやかになるオリゴ糖がおススメです。

すぐに結果を出したいなら運動も取りいれよう!

青汁を飲むだけでは、なかなかダイエット効果は得られません。

多少の食事制限や、食事内容の改善も必要となってきます。

そのうえ少しの運動をプラスすると、ダイエットの相乗効果を期待することができます。

青汁を飲みながら、ダイエットに効果的であるウォーキングやジョギングなどの有酸素運動を同時に実践することをおススメします。

そうすると、より早くダイエット効果を期待することができ、その結果も大きく左右されることになります。

青汁ダイエットの注意点

青汁ダイエットに取り組む際、注意すべきことはあるのでしょうか。

より効率よく青汁の効能を得るためにも、マイナスとなってしまうことは避ける必要があります。

①用法用量

すぐにでも効果を出したいからと、青汁を大量に摂取するのは逆効果です。

青汁は主成分が緑葉野菜でもあり、食物繊維を豊富に含むものです。

用量を守らずに一気に飲むことにより、お腹が緩くなったり腸の調子が悪くなることもあります。

必ず、1日の目安量を守って飲むようにしましょう。

②薬との飲み合わせ

薬との併用は医者に相談

持病などにより薬を服用している際には、青汁との飲み合わせによって重篤な状態を引き起こしてしまう可能性もあります。

薬を処方している医師に相談し、安全が確認できてから飲むようにしましょう。

③生理前

生理前

青汁を飲み始める時期は、痩せやすいホルモンの分泌量が増える生理直後の1週間がベストですが、生理前は逆です。

痩せやすいホルモンの分泌量が減少する時期に入り、栄養素や水分を体内にため込む作用が働くため、青汁の効果も発揮されにくくなります。

生理前だからと言って青汁を控える必要はありませんが、効果が出にくい時期であることは、頭の片隅に入れておくといいでしょう。

おすすめの青汁商品とは?

青汁製品は世の中にたくさん存在しています。

それだけ青汁への注目度が高く、その効能が多くの人に認められているからです。

数ある青汁商品の中から、高い人気を誇る青汁商品をいくつか見てみましょう。

2億杯を突破したサントリーの青汁!「極の青汁」

サントリー極みの青汁

サントリー極みの青汁

サントリー 極みの青汁

飲料メーカーとしてその名を馳せるあのサントリーが、独自の研究をもとに、栄養素の体内吸収力をアップさせて作った青汁です。

九州産の緑葉野菜を使用するなど、品質を重視した国産の素材にこだわり、飲料メーカーの誇りの元に、その味にもこだわって製造された青汁です。

毎日お茶代わりとして飲める青汁を目指して作られたため、とてもおいしく飲みやすい青汁となっています。

極みの青汁を飲んだ人の口コミ・サントリーという大手メーカー製造への安心感のもと続けているが、溶けやすく抹茶風味でおいしく飲むことができる。飲み始めてからすぐに、便秘が改善された。

・原材料が国産なので、安心して飲むことができる。誰でもおいしく飲める味になっているため、青汁が苦手でも無理なく続けることができる。

・水に溶かした後はすぐに飲まないと、コップの底に成分が沈殿してしまうことや、お値段が少し高めなところが気になる。

 

 

若い女性にも人気!「ゴクリッチ」

ゴクリッチ

ゴクリッチ

すごく美味しいGOKURICHI

ゴクリッチは、フルーツジュース感覚で青汁を楽しめるように、その味にこだわって作られた青汁です。

特に若い女性に人気が高く、ただおいしいだけでなくプロテインまで配合されています。

現在女性に人気のダイエット法は、程よく美しい筋肉がついた美ボディを目指すダイエット法です。

ゴクリッチは、そんな女性のニーズに合わせるように、効率よく筋量もアップできるよう、プロテインまで配合されているのです。

また、天然発酵素材から抽出した酵母エキスも配合され、美容にも効果的な青汁となっています。

ゴクリッチの口コミ・青汁なのに美味しくてびっくりした。朝食に置き換えたところ、1カ月でマイナス5㎏にもなり、肌の調子までよくなった。ほどよい満腹感のおかげで、食べ過ぎることもなくなった。

・野菜嫌いだったため、慢性的な野菜不足が気になっていたがゴクリッチを飲むことで野菜不足が改善された。年齢と共に低下していた基礎代謝が上がり、体重がスムーズに落ちるようになった。

 

 

サプリタイプの青汁「ステラの贅沢青汁」

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁

ステラの贅沢青汁は、サプリメントタイプの青汁です。

九州産の厳選された栄養価の高い野菜にこだわって作られた青汁で、中でも福岡県産のクロレラは、豊富な栄養分を含む貴重な素材として知られるものです。

すぐに効果を実感できるようこれらの栄養価を凝縮し、粒状のサプリメントにしました。

無添加にもこだわっているため、賦形剤を使用せずにクロレラのもつ粘性だけで製造されています。

多くの人が、飲み始めて1カ月から3カ月の間に効果を実感できており、効能の即効性も注目されています。

ステラの贅沢青汁の口コミ・粒状なので飲みやすく、味も工夫されていておいしい。脂っこいものや、甘いものを食べても吹き出物が出なくなった。

・飲料としての青汁は苦手だったので、継続できなかったが贅沢青汁は粒なので飲みやすく、頑固な便秘が少しずつ改善されてきた。もう少し量が多いとありがたい。

 

まだまだあった!青汁の驚くべき効果

青汁の効果について見てきましたが、驚くことに青汁の効果はダイエット効果だけではありません。

ダイエット効果以外にもある、その他の嬉しい効果についても見てみましょう。

≪便秘解消≫

便秘解消してお腹スッキリ
青汁ダイエットの成功者の口コミにもあるように、青汁を飲むことで便秘改善の効果も期待できます。

その理由は、青汁に含まれるたくさんの緑葉野菜です。

食物繊維が豊富に含まれているため、腸内環境が整い便秘が改善されます。

≪むくみ改善≫

むくみ解消

むくみとは、またの名を浮腫とも言い、老廃物や水分が皮膚下に溜まってしまうものです。

その原因は、水分や塩分過多であったり、アルコール摂取のしすぎだったりと様々です。

またむくみは便秘とも関係性があり、便秘が原因でむくみが発生することもあります。

便秘によって腸内に充満したスカトールやインドールといったガスが、血管やリンパ管を圧迫し、むくみを発生させます。

自律神経の乱れが起きても、便秘とむくみが同時に発生することがありますが、青汁の食物繊維の力により便秘が改善され、排泄のコントロールを司る副交感神経が正常に働くと、むくみも改善されます。

≪冷え症の改善≫

冷え性の改善
女性の大敵でもある冷え症は、血行不良が原因となって起こるものです。

青汁には、血行を促進させるビタミン類や、鉄分、ポリフェノールが豊富に含まれています。

その一方で青汁に含まれる緑葉野菜の中には、摂取すると体温を下げてしまうと言われる野菜も含まれているため、摂取しすぎないように、正しい用量を守って飲む必要があります。

≪美容効果≫

美容効果
美容効果が高いと言われるビタミンCや、血行を促進し肌にハリや艶をもたらすビタミンEなどが青汁には含まれています。

特にビタミンEは、「若返りのビタミン」とも呼ばれるもので、強い抗酸化作用を発揮します。

他のビタミンCと一緒に飲むことで、相乗効果として美肌効果が高くなります。

青汁パワーで今すぐ青汁ダイエット!

青汁で元気に!

忙しい社会の中で生きている現代人は、何かと食生活が不規則で、野菜不足に陥りがちです。

野菜が不足してしまうと、生活習慣病などの慢性病を招いたり、癌などの大病を招くことにもなりかねません。

成人の1日に必要な野菜摂取量の目安は、350g以上とされています。

ですが、それだけの野菜を日頃の食卓で賄うのはとても難しく、家族分の野菜をそれだけ準備するのは、もっと大変なことでしょう。

だからこそ活用するべきなのが、「青汁」です。

青汁の効果は何と言っても、野菜不足の解消です。

野菜不足を解消せずして、ダイエットの成功はありえません。

青汁の力でまずは野菜不足を解消しつつ、体の機能を本来の姿に戻すことで、やがてダイエットも成功するのです。

減量することだけに捉われず、青汁の力で体の機能をリセットしつつ、効率よく痩せられる体になることを目指しましょう。

ダイエットサプリ ランキング

「青汁ダイエット」 一覧

no image

GOKURICH(ゴクリッチ)

2017/08/07   -青汁ダイエット

痩せて美しくなりたい・・・! ダイエットに成功してモテたい(*^_^*)!!! このような願望があるのは私だけでしょうか?(笑) 世の中に出回っているダイエット関連の商品には、本当にものすごい数の物が ...

Copyright© 本当に効くダイエットサプリおすすめランキング|2017年最も痩せると口コミで高評価No1は? , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.