「痩せたいのに痩せない!」「どうしても痩せたい!」そんな時に頼りなるのがダイエットサプリ!ですが、「痩せすぎ注意」や「激やせサプリ」を謳う怪しいサプリメントに騙されていませんか?当サイトでは、投稿いただいた口コミを元に「痩せた」と評判の順にダイエットサプリをランキングしました!

流行したダイエット法

赤汁とは?赤汁の効果や口コミ評判・青汁との違いについて

投稿日:

赤汁

健康飲料として話題の「赤汁」をご存知ですか?

「赤汁」とは、名前の通り赤い健康ドリンクで、青汁の赤野菜や果物を使ったものと考えればわかりやすく、トマトが使われることもあります。

特徴的なのは、スーパーフードとも言われるアサイーなどが使われており、他にはビタミンが豊富なアセロラやクコノミ、紅麹などを使用し、栄養バランスが整えられていることもあります。

それぞれが非常に栄養豊富な素材であるため、赤汁も栄養満点です。

ビタミンやミネラルが豊富に含まれているだけでなく、アントシアニンやリコピンなど、それぞれ固有の成分を含むことで体調管理や栄養補助に役立ってくれます。

果物を使うことで飲みやすく仕上げている製品が多いのも特徴で、無理なく続けられるのもポイントです。

一部青汁製品のように美味しくないものを我慢して飲むような感覚ではなくなっているのです。

商品として「美人赤汁」「美菜赤汁」、フルッタフルッタ社の「赤汁」などが有名ですね。

「美人赤汁」「美菜赤汁」はスティックタイプで水などに溶かす粉末状で、フルッタフルッタ社の「赤汁」は缶に入ってそのまま飲むことができます。

それぞれに長所があるため自分好みのものを購入するのがおすすめです。

製品価格もコストパフォーマンス重視のものと品質重視のものがあります。

スティックタイプのものはコスト重視のものが多く、ドリンクタイプは若干値段が高めのケースが多くなります。

製法などによって栄養価が変わることもあるため、メーカーのホームページなどでチェックしてみるのも一つの方法です。

気になる赤汁の効果について

「赤汁」は、抗酸化成分を多く含む果物や野菜が多く使われているのが特徴です。

体の酸化は老化や病気の引き金になります。抗酸化成分を効率よく摂取することで、アンチエイジングに生かせるのが赤汁の魅力です。

特にファイトケミカルに注目した製品が多いのも特徴の一つです。

ファイトケミカルの代表的な存在であるポリフェノールは、高い抗酸化力を持っているだけでなく、免疫力や健康維持にも役立っていると見られているのです。

スーパーフードのアサイーアセロラもポリフェノールが豊富なフルーツの一つです。

トマトのリコピンや、ブドウポリフェノール、ブルーベリーなど、ポリフェノールやファイトケミカルが含まれている果物は多く使われていて、赤い色の果物が多いことも赤汁の名前に影響しています。

“ファイトケミカル”とは、野菜、果物、豆類、芋類、海藻、お茶やハーブなど、植物性食品の色素や香り、アクなどの成分から発見された化学物質です。抗酸化力、免疫力のアップなど、健康維持・改善に役立つのではないかと期待され、研究が進んでいます。
注目の栄養素ファイトケミカルって?|植物のパワー|知ってトクする! 植物と乳酸菌のチカラ

赤汁はこんな悩みを抱えている方におすすめ

赤汁を飲むのがおすすめの人は、年齢肌が気になる人や、痩せたい方です。

特に美容に必要なビタミンやミネラルが豊富で、抗酸化作用にも期待できるため、肌質の改善に役立ってくれます。

代謝をサポートし、疲労を軽減するクエン酸を加えている商品もあるので、ダイエットを目的として飲む方にもおすすめです!

もともと酸味が強いフルーツにはクエン酸などが含まれているものが多く、疲労対策や体力不足に使いやすくなっています。クエン酸を加えることで運動時の疲労軽減に役立てられます。

ダイエット中の人にもおすすめで、効果的な栄養補給を行えます。

ポリフェノールは血液の流れを良くすると言われていて、運動効果の上昇や脂肪燃焼効果に結びつく可能性もあります。

健康的に痩せたい人や、体を絞りたい人も使いやすくなっているのでこれからどんどん流行っていきそうですね!

難消化性デキストリンなど糖分の吸収を抑える成分を含んだ製品も多く、食物繊維の補給もできることから腸内環境を良くすることもできます。

糖分の吸収が抑えられればそれだけ太りにくくなるのもポイントです。

ファスティングダイエットに赤汁を摂り入れるのもおすすめ!

ファイトケミカルは脂肪の燃焼を助ける効果があると考えており、ダイエットにも使いやすいため、朝食を赤汁に置き換えてカロリーを節約しつつ、ダイエットを目指す人が多いのです。

運動と組み合わせる方法もありますが、運動前にはたんぱく質などを補充しておかなければ返って筋力が弱ってしまう場合もあります。

朝食は赤汁でファスティングを行い、夕食後に軽く運動をするなど切り分けも重要です。

もちろん、健康を効果を目的として飲む方にもおすすめです。

抗酸化作用と血液さらさら成分が体の動きをサポートしてくれるので、体力の衰えを感じるなど、年齢を感じるような人におすすめです。

普段の食生活では栄養が偏ってしまう方や、肥満に悩む人にもおすすめです!

「赤汁」と「青汁」の違いについて

青汁と何が違うの?

「赤汁」は赤い果物などを中心にポリフェノールなどのファイトケミカル、各種ビタミンやミネラルを利用して作られます。

太陽と大地の恵みをいっぱいに受けて育ったトマトや赤ピーマンなど、赤い色をした野菜や果実は、ビタミンやミネラルなどが豊富です。生の野菜や果実を丸ごとミキサーにかけるだけの赤汁は、熱に弱いビタミンも壊れることがなく、栄養満点のドリンク

赤汁が夏に効く

アンチエイジング効果などを目指しつつ栄養豊富なドリンクにしていて、美容や健康に使いやすいのが特徴です。

見た目が赤いだけでなく、果物を中心に含んでいるため飲み安いものが多くなっています。ブドウやブルーベリー、アセロラなど、酸味や糖度が高いフルーツが使われているため親しみやすい味になっているのです。

生の野菜や果実を丸ごとミキサーにかけるだけですので、自分で簡単に作ることもできます。

「青汁」は、ケールや明日葉など緑の野菜を中心に作られています。

栄養重視で飲みにくいものもありますが、現在は果物を加えて味を調えるなど味の面で改良されたものが主流になりつつあります。

赤汁のように、ファイトケミカルでアンチエイジング効果を目指すものは稀で、栄養補助を目的としたものが中心になっています。

女性向けにダイエット機能を重視したものも販売されていますが、腹持ちの良さなど続けやすさを重視した製品が多くなっています。

明確な違いが「抗酸化成分の多さ」です。

赤汁の方が明らかに抗酸化成分を多く含む内容になっていて、アンチエイジングよりの構成になっています。

年齢が気になる人や、美容に気を使いたい人、ダイエットに活用したい人向けです。

青汁はビタミンやミネラルのバランスの良さが特徴で、ダイエットの時にファスティングに使える製品があるものの、基本的に健康を考えた栄養補助のためのものとなっています。

加齢と戦いたい人や美容やダイエットに生かしたい人は赤汁、健康維持を中心に守りたい人は青汁を飲むのが向いていると言えます。

 

「赤汁」を飲んでいる人の口コミまとめ

赤汁を飲んでいる人の声をまとめました。

まず、味が良くて飲み空きしません。美味しいので続けられるのが一番の魅力ですね。ベリー系の味が強いので、デザート感覚で飲める人もいるかもしれません。
酸味があって飲みやすいです。ただ、人によっては強いかもしれないので、牛乳などで割ってもいいと思います。
間食をする癖があったのですが、間食を赤汁に変えるようになってから大分痩せました。朝食も青汁にしてからはより顕著に体型が変わったので、これからも美容と健康のために続けたいと思います。

良い評判を見ると「肌の調子が良くなった」「便がよく出るようになった」といった他に、「味が美味しい」「飲みやすい」という口コミが多いということです。

実際にダイエットに成功した人の声も多く、長期間のダイエットに成功した人も含まれているのが特徴になっています。

代表的な「赤汁」を紹介

 

美人赤汁

美人赤汁

美人赤汁

美人赤汁には、10種類のスーパーフルーツをはじめ、134種類の植物由来の発酵エキス、フルーツ酵素、大麦若葉エキスに1億個もの乳酸菌、さらにはコラーゲンペプチドまで配合!

ダイエットや美容のサポートとしてモニターさんの91.8%が満足したと回答!1食たったの11.6kcalと、ファスティングダイエットにもおすすめの商品です。
■通常価格 6,980円
■200限定モニター定期コース 1,980円
※定期コースに縛りはないので、初回分が届いてすぐに解約もできるので安心です。

フルッタ・フルッタ 赤汁

フルッタ・フルッタ 赤汁

フルッタ・フルッタ 赤汁

スーパーベリーとして注目されるアサイーとクコノミのペーストを利用し、ビタミンやミネラルが豊富に取れるのが特徴になっています。

ポリフェノールが多いのもポイントで、レモンやハチミツなどを使うことで自然で飲みやすい味を追求しています。

缶入りのドリンクのため気軽に飲めるのも魅力です。

■価格 1缶 184円(税抜)

ドクターセレクト 美菜赤汁

ドクターセレクト 美菜赤汁

ドクターセレクト 美菜赤汁

糖分の吸収を遅らせる難消化性デキストリンを加えるなど、ダイエットを意識した内容になっています。

アセロラやブルーベリーが主要なフルーツで味が良く、トマトのリコピンなども取り入れることができます。

スティックタイプで水などに溶かして簡単に飲めるのも魅力で、保存性にも優れています。

■内容量 90g 3g×30袋(顆粒)
■価格 3,600円+税

・ファイン LOHA juice(ロハジュース)

LOHA juice(ロハジュース) 赤汁

LOHA juice(ロハジュース) 赤汁

ブドウをベースにマクイーベリーなどを使用し、リコピンを加えた赤汁です。

希少糖を使い、糖の吸収を抑える成分を配合するなどダイエットに使いやすいのが特徴で、スティックタイプの個包装になっています。

価格は980円(税別)。販売は、全国のドラッグストア、ネットショップ等で販売されています。

 

「赤汁」のまとめ

赤汁はアンチエイジングや美容を意識する人、そしてダイエットに励む方におすすめの健康ドリンクです。

ファスティングダイエットとの相性もよく、さらに女性に嬉しい美容に良い成分もたっぷり入っている商品が多くなっています。

果物を中心にしているため、「青汁は美味しくない」「不味い!もう一杯なんて無理!」と言う方に「赤汁」はおすすめです。

ファイトケミカルをはじめ、脂肪燃焼成分を含んだ赤汁もあるため、健康に痩せたい人には特におすすめです。

ファスティングダイエットとしても活用できるため、短期間でダイエット効果を得たいという方にも良いでしょう。

そして、美容目的だけでなく、年齢からくる体調の不安などが気になる人も利用できます。

スティックタイプは、持ち運びもできるため、飲む場所を選びません。

飲み方も水で割るだけでなく、酸味が気になる場合は牛乳や豆乳に溶いて飲んでしまうのも方法です。

炭酸で割るなどアレンジも効くため、自分好み飲み方を見つけるのも方法なのです。

-流行したダイエット法

Copyright© 本当に効くダイエットサプリおすすめランキング|2017年最も痩せると口コミで高評価No1は? , 2017 All Rights Reserved.